モバイルでページの高速表示が可能になる「AMP」とは?

メインイメージ: 
sample

 

モバイルのGoogle検索結果の画面で、「AMP対応」ページの存在が目立ってきました。 モバイルでページの高速表示が可能になる、と話題のAMPについて、紹介します。

 

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、GoogleやTwitterなど業界各社と協力して発足した「AMPプロジェクト」が構成した、モバイル端末でページを高速表示するための仕組みやフレームワークのことです。

 

Googleでは、「AMP対応」ページに「AMPラベル」を付け、ユーザが分かりやすいようにしています。

 

Google検索結果 AMP対応ページ表示イメージ

 

AMP ラベルがついているページは、コンテンツの読込みが早いだけでなく、ページ読込み時の通信量を抑えることもできます。たとえば、現在、検索結果からAMP 対応ページのローディングにかかる時間は 平均 1 秒以下で、通信データ量も AMP 非対応のページに比べて、およそ 1/10 に低減されています。

引用:Google Japan Blog「 モバイルウェブを速く、快適に − AMP プロジェクト 1 周年 」

 

 

 

AMP対応におすすめのページ

ニュースやレシピ、ブログなどの「記事コンテンツ(article)」と「動画」がサポート対象とされています。 ニュースのようなコンテンツ以外にも応用は可能です。 例えば、商品情報や製品情報の「AMP対応」ページを用意すれば、ユーザがカタログを見るような感覚でストレスなく様々な情報を閲覧でき、そこから買い物へ促すことも可能になります。

 

AMP対応ページを作成するには?

AMP対応ページ作成は、AMPの使用に沿って新規にコーディングを行う必要があります。

また、WordPressではAMP対応をするプラグインや、AMP対応可能なテーマも公開されています。