「障害者差別解消法」施行 Webアクセシビリティ対応義務化へ

メインイメージ: 
Webアクセシビリティ対応義務化へ 障害者差別解消法

2016年4月1日、障害者差別解消法が施行されました。

 

障害者差別解消法は、全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に向け、障害を理由とする差別の解消を推進することを目的として、平成25年6月に制定されました。

 

詳細は、内閣府のサイトをご覧ください。
障害を理由とする差別の解消の推進(外部リンク)

リーフレット「障害者差別解消法が制定されました」(PDF形式:411KB)(外部リンク)

 

障害者差別解消法は、Webアクセシビリティも対象になります。

海外では、Webアクセシビリティ対応が法律で義務化されているケースもあり、
Webアクセシビリティ対応が法的義務となることが一般化してきているようです。

日本では今回の「障害者差別解消法」によって、Webアクセシビリティ対応が義務化されます。
義務化とはいっても、義務化されるのは公的機関まで。
民間事業者は努力義務となっています。
しかし、Webアクセシビリティ対応の重要度が高まっているのは確かです。

Webアクセシビリティは、障害のある人や高齢者のための対応とイメージしてしまいがちですが、
Webを使うすべての人のためのものです。
少しずつ出来るところから、Webアクセシビリティ対応を進めていくことが大切です。

参考サイト

「Webアクセシビリティの確保は特別なことではない。障害者差別解消法の施行でWeb担当者が考えるべき企業サイトの品質」2016年3月8日開催 サイトマネジメント委員会セミナー 第1部(外部リンク)

関連記事

JIS規格「JIS X 8341-3:2016」