ウェブコンテンツJIS規格「JIS X 8341-3:2016」公示

メインイメージ: 
ウェブコンテンツJIS規格「JIS X 8341-3:2016」公示

ウェブアクセシビリティに配慮したWebサイトを制作するための指針
「JIS X 8341-3(高齢者・障害者等配慮設計指針−情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス− 第3部:ウェブコンテンツ)」が改正し、JIS X 8341-3:2016として、2016年3月22日に公示とされました。

 

2010年の改正以来ですので、6年ぶりです。

今回の改正の目玉は、国際規格である「ISO/IEC 40500:2012」との完全一致。

改正前のJIS X 8341-3:2010までは、JIS X 8341-3:2010にはあって国際規格にはない規格があるなど、国際規格との不一致がありました。
今回の改正では、WCAG 2.0、ISO/IEC 40500:2012、JIS X 8341-3:2016が同じ内容となりました。
※W3Cのアクセシビリティ・ガイドラインであるWCAG 2.0は、ISO/IEC国際規格(ISO/IEC 40500:2012)として2012年に承認されています。

国際規格と完全に一致することで、
例えばグローバル企業では各国共通の基準を適用することが可能になり、より多くのウェブコンテンツのアクセシビリティが向上することが期待されます。

 

今回の改正内容

主に文書の構成や用語(日本語訳)の変更となり、Webコンテンツを達成するための基準についてはほぼ変更はないと言われています。
JIS X 8341-3:2016に基づきウェブアクセシビリティ方針の策定や試験を行う場合は、改正された新しい用語を用いる必要があります。

◆例:
「等級A」「等級AA」「等級AAA」→「レベルA」「レベルAA」「レベルAAA」

 

経済産業省お知らせ
http://www.meti.go.jp/press/2015/03/20160322004/20160322004.html(外部サイト)